Pilot

パイロットは、あなたの「書く」を支えています。

営業の概況

平成28年6月期

平成27年12月期

営業の概況(平成28年6月期) 業績の概況

ステイショナリー用品事業|国内


国内のステイショナリー事業におきましては、当社の強みである「小売店への直販をベースとした販売体制」のメリットを活かし、利益率の高い自社製品の販売を強力に展開いたしました。併せて、消費者のパーソナル志向に対応して進めてきた商品のシリーズ化も、引き続き効果をあげました。特に、消せるインキの「フリクション」シリーズでは、蛍光ペンの「フリクションライト」や人気の「フリクションボールノック」、細かく書ける「フリクションボールスリム038」が好評でありました。さらに多色タイプの「フリクションボール3」や「フリクションボール4」などの販売が好調であることに加え、交換用レフィル(替え芯)の販売も伸長いたしました。
油性ボールペンでは、なめらかに濃く書ける低粘度アクロインキが特長の世界戦略商品「アクロボール」シリーズの販売が順調に推移しました。
ゲルインキボールペンでは、顔料インキ採用により鮮やかな発色が特長の「ジュース」が販売数を伸ばしました。



ステイショナリー用品事業・その他の事業|国内


シャープペンシルでは発売開始から25周年を迎えた「ドクターグリップ」シリーズや、折れにくくなめらかな書き味のシャープ芯「ネオックスグラファイト」が好評でありました。
また、ホワイトボードマーカーでは濃い筆跡でかつ経済的なカートリッジ式補充インキが特長の「ボードマスター」や細書きの「ボードマスターS」も伸長し、売上増加に貢献いたしました。
高級筆記具では、アクロインキを採用し、なめらかな書き心地をイメージしたデザインの「アクロドライブ」や、本格的な書き味の万年筆「カスタム74」シリーズの販売が堅調でありました。
玩具事業におきましては、主力商品である「メルちゃん」シリーズの販売が引き続き好調であり、売上増に大きく貢献いたしました。また、海外向けの「Aquadoodle」(日本名「すいすいおえかき」)や、メタモ材料も堅調に推移いたしました。





ステイショナリー用品事業|海外


(米州)
米州地域におきましては、主要販売先である米国において、ノック式ゲルインキボールペンの定番品として人気の「G-2(ジーツー)」の販売が好調であったことに加え、世界戦略商品である「アクロボール」や「フリクション」シリーズが着実に定着しつつあり売上は順調に推移しました。しかしながら現地通貨ベースでの売上高は伸長したものの、円高の影響を受けて円に換算した売上高は減少しました。

(欧州)
欧州地域におきましては、前期に引き続きフランスや東欧諸国、北欧諸国において「フリクション」シリーズの販売が堅調でありました。また、ノック式ゲルインキボールペン「G-2(ジーツー)」、水性ボールペンの「V5」、「V7」、「VBall」、ホワイトボードマーカー等の販売も順調でありました。しかしながら現地通貨ベースでの売上高は伸長したものの、円高の影響を受けて円に換算した売上高は減少しました。

(アジア)
アジア地域におきましては、万年筆や油性ボールペン、水性ボールペンの販売が引き続き好調でありました。なかでも中国や台湾においてゲルインキボールペンの「pop'lol」(日本名「ジュース」)や万年筆の「カクノ」、「MR」(日本名「コクーン」)シリーズを中心に、売上が大きく伸長しました。円高の影響を受けたものの、円に換算した売上高についても増加しました。



Copyright (c) PILOT Corporation ALL rights reserved.