Pilot

パイロットは、あなたの「書く」を支えています。

株式会社
パイロットコーポレーション
(PILOT CORPORATION)


所在地
〒104-8304
東京都中央区京橋二丁目6番21号

電話番号
03-3538-3700(代表)

最寄駅

東京メトロ
銀座線「京橋駅」下車、
6番出口徒歩1分

都営地下鉄
浅草線「宝町駅」下車、
A5出口徒歩3分

JR線
「東京駅」下車、
八重洲口より徒歩8分

PEN STATION Museum & Café ペン・ステーション ミュージアム&カフェ

mainphoto.jpg「ペン・ステーション」は、ペンとステーショナリーのパイロットが蒐集した国内外の貴重な資料を展示する国内随一の筆記具ミュージアムです。


『歴代エリート万年筆展』のご案内


2階ミュージアムにて『歴代エリート万年筆展』を開催します。

期間 : 2014年4月1日~5月31日
場所 : PEN STATION 2階ミュージアム内

展示内容:1963年から2013年に発売された歴代の「エリート」万年筆を展示しています。また、1969年に一世を風靡した大橋巨泉氏
       「はっぱふみふみ」に関する資料や、
当時の販促品などの展示も行っております。
       
※展示品の為、販売は行っておりません。


フロア案内

2F・ミュージアム

「書く文化」を次代へ伝えるために。人類が文字を生み出して以来、筆記具はつねに文化の発展の礎であり続けてきました。文字を書くこと、それは思索の表われであり、最も人間的な「知的営み」であると言えます。
当社は創業以来、この「知の道具」を通じて「書く文化」の一翼を担い続け、社会の発展とともに歩んでまいりました。
「ペン・ステーション」は、ペンとステーショナリーのパイロットが蒐集した国内外の貴重な所蔵品・資料を展示する国内随一の筆記具ミュージアムです。
壮大な筆記具の歴史、工芸の域にまで高められた蒔絵万年筆の数々、筆記具にまつわる多彩な技術...。それらをつぶさにご覧いただくことで、みなさまの心に「知のメッセージ」が深くしっかりと伝わることを願っています。


Since humanity created scripture, writing tools have served as the cornerstone for cultural development, continually passing down "writing culture" to the next generation. To write is to express thought, and can be said to be an intelligent activity that is distinctively human.
Since the inception of our corporation, we at Pilot have walked in the footsteps of cultural development, using our "tools of knowledge" to play a part in the continuation of this writing culture.
The "Pen Station" is the sole writing instrument museum in Japan, showcasing a display of unique, fascinating pen and stationery from around the world, all of which was collected by the Pilot Corporation.
Our diverse exhibition includes the fascinating history of writing tools, a display of various Maki-e Fountain Pens, the epitome of aesthetic stationery design, and a look at the numerous uses and features of writing instruments. By viewing this, we hope you will take home the "Message of Knowledge", of which it is our exhibition's aim to convey.



蒔絵万年筆 Maki-e Fountain Pens



創業当初より、当社は日本の伝統工芸である蒔絵技法を万年筆に応用し、世界を席巻しました。英国ダンヒル社と提携して生まれた伝説の「Dunhill-Namiki」から最新作まで、贅を尽くした「美の饗宴」をじっくりご堪能いただけます。


① 蒔絵万年筆「荒磯」人間国宝・寺井直次 作品
② 蒔絵万年筆「鈴蘭」人間国宝・田口善国 作品
③ 蒔絵万年筆「舞楽」1998年・80周年記念万年筆


At our beginning, we at Pilot used the Maki-e, or lacquer technique, and applied it to fountain pens. The result was a worldwide success. From the "Dunhill-Namiki" model, a product that was created in association with England's Dunhill Corporation, to our latest products, one can see the meticulous craftsmanship, a "Feast of Beauty", within our work.


① Maki-e Fountain Pen "Araiso" Mr. Naoji Terai*
② Maki-e Fountain Pen "Suzuran" Mr. Yoshikuni Taguchi*
③ Maki-e Fountain Pen "Bugaku" 1998
*Living National Treasure

筆記具の歴史 History of Writing Instruments



紀元前四千年、粘土板に楔形文字を彫りつけた芦ペンから、古代の尖筆(スタイラス)、中世の鵞ペン、近代の金属ペンまで、「知の営み」を支えてきたさまざまな筆記具を、年代順に展示しています。


④ スタイラス 紀元1世紀前後


Starting with the creation of the reed pen in 4,000B.C., which was used to scratch words onto boards of clay, the writing tool has greatly evolved, from the stylus of ancient times, to the quills of the Middle Age, to the metal pens of the modern age. Each instrument has helped support intelligent activity to this day, and can be viewed separately, according to the era they represent.


④ Stylus Around 1st Century A.D.


蒔絵万年筆「金魚」1931年(昭和6) Maki-e Fountain Pen "Kingyo"
1931



時代を画したパイロットの筆記具 PILOT's Periodical Masterpieces



初の純国産万年筆をはじめ、一世を風靡した万年筆「スーパー」、世界初のキャップのない万年筆「キャップレス」、CMが話題になった「エリートS」など、懐かしい筆記具がご覧いただけます。


⑤ 万年筆「スーパー」1955年
⑥ 万年筆「キャップレス」1963年
⑦ 万年筆「エリートS」1968年


Starting with the first Japan-produced fountain pen, one can also view a collection of fountain pens produced by Japan over the years, including the world-renowned "Super" model, the world's first capless fountain pen, the "Capless", and the "Elite S", whose commercial became just as popular as the product itself.


⑤ Fountain Pen "Super" 1955
⑥ Fountain Pen "Capless" 1963
⑦ Fountain Pen "Elite S" 1968

筆記具に関する技術 Technology of Writing Instruments



さまざまな筆記具のメカニズムと特徴、万年筆のペン先の製造工程など、筆記具にまつわる技術的側面と知識を、パネルと実物展示でわかりやすくご紹介しています。


⑧ パイロットのペン先のコレクション
⑨ 展示「ペン先の出来るまで」
⑩ 展示「ボールペンの種類としくみ」等


A collection of panels and live displays gives our audience a clear understanding of the thought and technology behind writing tools, including the features and mechanisms of a variety of pens, and the manufacturing process of fountain pens.


⑧ PILOT's Pen Nib Collection
⑨ Exhibition "Creating the Pen Nib"
⑩ Exhibition "The Mechanism & Types of Ballpoint Pens"




1F・カフェ

中央通りに面した「ペン・ステーション」1階のカフェは、香り高い本格エスプレッソが自慢です。スタイリッシュな店内は落ちついた雰囲気につつまれ、ゆったりとしたひとときをお過ごしいただけます。
楽しい会話に時を忘れ、界隈のにぎわいをガラス越しに眺めながら、おくつろぎください。地下鉄京橋駅から上った目の前というロケーションは、お待ち合わせにも最適です。


The "Pen Station" Café, on the 1st floor, facing Chuo Dori, boasts a smooth, fragrant espresso. The Café's relaxed, stylish interior allows our visitors a perfect place to take a break after the exhibition.
Chat away with company, and enjoy the view from the window as you sip on a warm, refreshing espresso. Our conveniently close proximity from Tokyo Metro's Kyobashi Station also makes our Café an ideal location to relax in while waiting for your company to arrive.



アクセス

Pen Station Museum & Café

東京都中央区京橋2-6-21 株式会社パイロットコーポレーション

Museum
開館時間 : 月~金/9:30--17:00(Café 8:00--19:00)
土/11:00--17:00 【入場無料】
休館日  : 日祝日、年末年始、夏季休業期間等

お問い合わせ | TEL03-3538-3840


* ナミキブランドを含むパイロット万年筆の修理を承ります。
詳しくはお問い合わせください。


Pen Station Museum & Café

2-6-21 Kyobashi, Chuo-ku, TOKYO Pilot Corporation

Museum
Hours : M--F / 9:30--17:00 (Café 8:00--19:00)
S / 11:00--17:00 [ Free Admission ]
Closed : Sundays & National Holidays
(New Years, Obon, etc.)

Phone: 03-3538-3840


* We accept all Pilot brand fountain pens, including the Namiki Brand, for repairing. Please contact us for details.
地図

Copyright (c) PILOT Corporation ALL rights reserved.