Pilot

パイロットは、あなたの「書く」を支えています。

『創立100周年記念漆芸品』限定発売

2018.09.10


大正15年から続くパイロットの漆芸技術による創立100周年記念漆芸品

『創立100周年記念漆芸品』限定発売

 

 株式会社パイロットコーポレーション(社長:伊藤 秀)は、本年10月1日(月)に迎える創立100周年を記念して、当社の漆芸作家グループ「國光會」(こっこうかい)による『創立100周年記念漆芸品』を10月15日(月)以降、順次数量限定で発売します。

発売するのは、創立100周年記念漆芸セット『七福神』(税抜価格:5,000,000円 10月15日(月)以降発売)、創立100周年記念万年筆『富士』(税抜価格:1,000,000円 11月15日(木)以降発売)、『富士と明治丸』(税抜価格150,000円 11月15日(木)以降発売)です。

 

 1918年に並木良輔と和田正雄が前身である「株式会社並木製作所」を創立し、万年筆の製造・販売を開始してから、2018年で創立100周年を迎えました。今回発売する『創立100周年記念漆芸品』は、創立間もない頃より当社に受け継がれてきた蒔絵技法を用いた漆芸品です。1931年に結成した当社所属の漆芸作家グループである「國光會」メンバーが製作を担います。各製品には、創業者が掲げた「山は富士、万年筆はパイロット」という言葉にちなんだ富士山のモチーフを漆芸で表現しました。また、万年筆のペン先には100周年を記念したオリジナルデザインの富士山を施しています。

 

創立100周年記念漆芸セット『七福神』(税抜価格:5,000,000円 10月15日(月)以降発売)

 100周年という節目に、「國光會」の総力を結集した漆芸セット『七福神』を全世界25セットの限定製作で発売します。7本の万年筆は、昭和初期に使われていたクリップのない頂冠タイプの万年筆で、福神として知られている恵比寿(えびす)・大黒天(だいこくてん)・毘沙門天(びしゃもんてん)・弁財天(べんざいてん)・福禄寿(ふくろくじゅ)・寿老人(じゅろうじん)・布袋尊(ほていそん)をそれぞれ7人の蒔絵師が研出(とぎだし)高蒔絵で描きました。付属品として、長寿を象徴する「鶴と亀」を研出蒔絵で描いたペントレーと、七福神それぞれのイメージに合わせた7色の限定インキを用意し、7本の万年筆とともに専用箱に収めました。専用箱は、2名の蒔絵師が研出高蒔絵で「宝船」を描き、沈金師が「富士山」と「波」を仕上げました。この「富士山」は、創業当時「山は富士、万年筆はパイロット」と志した意味もあり、当社に縁の深いモチーフです。一方の「宝船」は、縁起物であり、当社の創業者・並木良輔と和田正雄の二人が船乗りであったことや、「水先案内人」という意味が由来となった社名「パイロット」から着想を得て描きました。船に積まれたたくさんの宝物は、当社の100年という年月にご縁のあった顧客の皆様やお取引先、これまでに培った当社の人材や技術の蓄積をイメージしました。さらに次の100年に向けて出航する雄姿を表現しています。

 

 なお、2019年に『七福神』のそれぞれの福神を描いた蒔絵万年筆(税抜価格:500,000円)とカラーインキ(15ml×7本セット、50ml)の発売を予定しています。


七福神(511).jpg

PILOT_MARUKAN_0509(511).jpg
 

創立100周年記念万年筆『富士』(税抜価格:1,000,000円 11月15日(木)以降発売)

 万年筆『富士』は、大型50号のエンペラーサイズの大型蒔絵万年筆です。キャップには卵殻技法で雪化粧を表現した富士山を、軸には長寿の象徴と言われる松と山水を描きました。万年筆全体を高蒔絵と研出(とぎだし)蒔絵を併用した肉合(ししあい)研出蒔絵と呼ばれる高度な技法で重厚に仕上げました。漆仕上げの専用の箱には当社の社章である浮輪マークのプレートがついています。全世界限定100本を販売します。

 

創立100周年記念万年筆『富士と明治丸』(税抜価格150,000円 11月15日(木)以降発売)

 万年筆『富士と明治丸』は、キャップには船出を見守る富士山を、軸には帆船「明治丸」を研出高蒔絵で描きました。「明治丸」は東京商船学校出身の創業者が研修で乗船した帆船です。当社の社名である「パイロット」は、船舶を安全に導く専門家である「水先案内人=パイロット」をモチーフに、"業界の水先案内人"になるようにという想いが込められています。そんな創業者の想いをイメージして、空と海を青漆で、富士山を背に帆を上げ、次の100年に向けて出航する「明治丸」の姿を研出高蒔絵で表現しました。全世界限定800本を販売します。


富士,富士と明治丸_小.jpg

【パイロットと蒔絵万年筆】

 当社は、1918年(大正7年)、初の純国産万年筆を製造する並木製作所として創業しました。創業間もなく、海外市場進出のため蒔絵万年筆の生産を開始しました。その後、1930年に英国・ダンヒル社との提携により、蒔絵万年筆「Dunhill-Namiki」を世に送り出し、以来、今日でも、日本の伝統文化を伝える一級の美術工芸品として世界各国で高い評価を得ています。

 

【國光會(こっこうかい)とは】

 大正15年、当社は、人間国宝であり蒔絵の最高権威の松田権六氏を招聘しました。入社後まもなく松田氏は、社内外の蒔絵師80名によるグループを組織しました。これが「國光會」のはじまりです。「國光會」は、蒔絵技術の進歩に大きく貢献するだけでなく、パイロット製の蒔絵万年筆が、世に注目される原動力となりました。現在、松田権六氏の技術を引き継いだ優秀な蒔絵作家が活躍しており、その作品には「國光會」の銘が輝いています。

 

【『七福神』紹介】

恵比寿(えびす):

イザナミ、イザナギの二神の子どもとされ、七福神の中では、唯一日本由来の神様です。商売繁盛、五穀豊穣をもたらす福徳の神として信仰されています。左手には鯛を抱え、右手の竿を持つ親しみのある姿と商売繁盛の縁起物である「福笹」を描きました。

<インキ色:水色>万年筆に描かれている恵比寿が座る岩場周りのきらめく海をイメージしました。

 

大黒天(だいこくてん):

大自在天の化身と言われ、日本古来の神・大国主命と神仏融合した神様です。大地を掌握し、食物・財福を司っています。万年筆には、米俵に乗って大きな袋を背負い、打ち出の小槌を持った姿と大黒天の使いとされている「鼠」を描きました。

<インキ色:黄色>大黒天が腰掛ける米俵の色をイメージしました。

 

毘沙門天(びしゃもんてん):

仏教における天部の仏神「四天王」の一仏で、七福神の中で唯一、武将の姿をしていることから軍神とされていました。現在では、融通招福の神様とされています。万年筆には、右手に宝棒、左手に宝塔を持ち、邪鬼天を踏みつけている姿と毘沙門天から発せられる宝輪を力強く描きました。

<インキ色:赤>毘沙門天の背後に浮かぶ宝輪から放つ炎をイメージしました。

 

弁財天(べんざいてん):

元来インドの河の神であり、七福神で唯一の女神です。現在では知恵財宝の神様とされています。琵琶を抱え、撥(ばち)を持って音楽を奏でる姿と、水を司る女神をイメージした波しぶきを螺鈿(らでん)で表現しました。

<インキ色:桃色>弁財天の着物の色をイメージしました。

 

福禄寿(ふくろくじゅ):

中国・道教の神で、南極星の化身と言われています。現在では招徳人望の神様として信仰されています。万年筆には、長い頭、長い顎髭、大きな耳たぶをした姿で、右手に宝珠を持った姿を描きました。

<インキ色:緑>福禄寿が乗っている亀の色をイメージしました。

 

寿老人(じゅろうじん):

中国・道教の神で、南極星の化身で別名「南極老人」と呼ばれています。長寿延命、富貴長寿の神様とされています。

<インキ色:薄紫>寿老人の着物の色をイメージしました。

 

布袋尊(ほていそん):

優れた予知能力から弥勒菩薩(みろくぼさつ)の化身とも言われ、七福神の中で唯一、実在していた中国唐時代の僧侶です。「笑門来福」、「夫婦円満」、「子宝の神」、「富貴繁栄」の神様として幅広く信仰されています。万年筆には、中国の山々と福々しい笑顔と太鼓腹で大きい袋を肩から下げている姿を描きました。

<インキ色:黒緑>布袋尊の首飾りの色をイメージしました。


商品概要

商品名

創立100周年記念漆芸セット『七福神』

税抜価格

5,000,000円

主な仕様

万年筆/軸・キャップ:黄銅 研出高蒔絵
ペン先:10号・18K/M(中字)
サイズ:全長142mm×最大径14.3mm
インキ供給:カートリッジ式(コンバーター70型付)
絵柄:恵比寿、大黒天、毘沙門天、弁財天、福禄寿、寿老人、布袋尊
蒔絵・沈金仕上げ専用箱、ペントレー、ペン枕、真田紐付桐箱
シリアルナンバープレート、カラーインキ(15ml×7本)、銘帳

製 作 <万年筆>
古原 松沢(恵比寿)、若林 衛(大黒天)、林 勝(毘沙門天)、
林 由美(弁財天)、山田 満佐博(福禄寿)、千田 正樹(寿老人)
関 美佐(布袋尊)
<専用箱>
坂本 康則、坂本 信彩(宝船)、角 康二(富士山、波)
<ペントレー>
浦出 勝彦(鶴と亀)
販売数 全世界限定25セット
発売日 2018年10月15日(月)以降発売
販売先 全国有名文具店、百貨店

商品名

創立100周年記念万年筆『富士』

税抜価格

1,000,000円

主な仕様

軸・キャップ:エボナイト 肉合(ししあい)研出高蒔絵、卵殻(キャップ)

ペン先:50号・18K/M(中字)
サイズ:全長176mm×最大径19.7mm

インキ供給:インキ止め スポイト吸入方式
包装:専用漆箱社章マークプレート付、シリアルナンバープレート、インキ瓶

製 作 佐藤 豊
販売数 全世界限定100本
発売日 2018年11月15日(木)以降発売
販売先 全国有名文具店、百貨店

商品名

創立100周年記念万年筆『富士と明治丸』

税抜価格

150,000円

主な仕様

軸・キャップ:黄銅 研出高蒔絵

ペン先:10号・18K/F(細字)、M(中字)、B(太字)

サイズ:全長137mm×最大径14.3mm

インキ供給:カートリッジ式(コンバーター70型付)

包装:専用桐箱社章マークプレート付、シリアルナンバープレート、インキ瓶

製 作 國光會
販売数 全世界限定800本
発売日 2018年11月15日(木)以降発売
販売先 全国有名文具店、百貨店

詳しくは「100周年記念万年筆特設サイト」にてご覧頂けます。
URL http://www.pilot.co.jp/100th_makie/ (10月2日公開予定)

お問い合わせ

商品に関する消費者の方のお問い合わせ先
TEL 03-3538-3780 お客様相談室
お問い合わせフォーム http://www.pilot.co.jp/contact/
報道関係者からのお問い合わせ先
TEL 03-3538-3700(代)


ページの先頭へ戻る