パイロット企業広告

企業広告2007 新聞・雑誌広告

辛い時篇 イメージ画像「辛い時、泣きたい時、書くことでラクになれることもあります。」辛い時、泣きたい時、書くことでラクになれることもあります。がんばってしまう人ほど、生きにくい時代なのかもしれません。子供も、大人も、お年寄りも。いじめたり、いじめられたり。子育てに迷ったり。仕事で躓いたり。一人きりの不安と向き合ったり。小さなペンに、大きなことはできません。でも、うつむいているあなたにできることが、少しだけあるかもしれない。そう思ったのです。聞いて欲しいけれど、言い出せないでいること。胸の奥に、ずっとたまっている何か。声にするにはたくさんの勇気がいるから、まず書いてみませんか。たとえば、自分への一通の手紙を。包み隠さず、すべて打ち明けてみる。もう一人にグチも悩みも聞いてもらう。文章に句読点があるように、息継ぎをすることも、立ち止まることも、かけがえのない時間です。あなたの体から溢れでた言葉たちで、白い紙がうまった頃。あなたの気持ちが少し軽くなっていたら、私たちも、うれしい。一本のペンがあれば、人は笑ったり、泣いたりできる。