Interview & 
Message

生産技術

世界中に広がる
パイロット製品の供給を、
生産の自動化で支える。

石神 聡一郎 Soichiro Ishigami
伊勢崎工場 技術課 設計グループ 
2019年入社
未来科学部 ロボット・メカトロニクス学科 卒業

文房具が好きで大学時代の製図ではS3(エススリー)というパイロットのシャープペンシルを愛用していたことからパイロットへ応募。文房具の世界市場での将来性が決め手となり2019年にパイロットに入社。以来、現職。工場において製品の量産設備の設計、組立を担当している。

自分が設計した装置によって
工場の生産性や安全性が高まる喜び。

伊勢崎工場は、パイロット製品の中でも手頃な価格帯の製品を製造する工場。私が所属する技術課は、その生産工程を自動化するための設備を設計、組立、保全を行う部署です。作業する人の経験やスキルに頼っていた工程を自動化することで、品質を一定に保ち、管理できるようにするのが狙いです。

入社後、技術課で部品の組み立てからスタートし、先輩が行う設備の立ち上げの補佐をしながら生産技術の仕事を学んできました。「ロボット・メカトロニクス学科卒業」と聞くと工業的なことには精通しているのだろうと思われるかもしれません。しかし、実際は初めてのことだらけ。工具の名前すらわからない状態でした。しかし、伊勢崎工場にはベテランの先輩が多く、親切に教えてもらえたほか、わからないことがあっても気兼ねなく質問できる環境だったため安心して仕事に取り組めました。

入社2年目には、シャープ芯局所集塵装置(シャープ芯の製造工程で発生する塵を作業者が吸い込んでしまわないよう集める機械)で初めてゼロからの設計を担当。その工程で作業する方から直接要望を伺い、図面を引き、ダンボールやアクリルで試作を重ねながら約10ヶ月かけて完成にこぎつけることができました。自分の手がけたものが実際に稼働し、作業者に喜ばれ、生産性や安全性の向上に役立つことに大きな喜びを感じました。

まずは技術者として一人前になり、
いずれは営業や開発も経験してみたい。

今、もし近くにボールペンがあればクリップの部分を見てみてください。製品名やペンの細さなどが印刷されていますよね。私が今担当しているのは「Juice」という製品のクリップ部分への印刷をする設備。ペンの色や細さの種類によりパターンが100を超えるため、インキのセットなどの作業性の向上を図っています。

ベースとなる機械はあるものの、今回は印刷のムラや欠けがないかを確認するための検出機能をこれまでより多く組み込むため従来よりも大型に。検討事項も大幅に増え、四苦八苦しています。しかし、これまで熟練の作業者が目視でチェックしていた印刷具合を自動でできるようになるため、経験の有無にかかわらず誰がボタンを押しても良品ができるという利点があります。

苦労が多いぶん、組立・調整をするなかで設備に命が宿ったように動く瞬間を見るのは達成感があります。現在は他にも、シャープ芯の太さを安定させるプロジェクトにも参加しています。少しずつ仕事をまかせてもらえるようになってきましたが、まだまだ半人前。まずは先輩の助言がなくても一人前の仕事ができるように努めていきます。将来的にはひとつの部署にとどまることなく、それまでの経験を活かして、開発や営業などの仕事もしてみたいと考えています。

先輩からのメッセージ

1日のスケジュール

  • 8:30
    出社
  • 9:00
    始業 必要な道具を揃えて工場へ
  • 9:30
    印刷設備の試運転。動作を確認しながら、調整を重ねる
  • 12:00
    昼食
  • 13:00
    インキを準備して測定サンプルを作成する
  • 15:00
    印刷サンプルを測定しデータ入力
  • 17:35
    退社 最近は時間があれば革細工で小物を作っています
pagetop