メタモカラー

メタモカラー

metamo_top_01-4.jpg

温度変化で色が変わるメタモカラーは、設定温度になると発色/消色する特長を持つ特殊なインキです。 新しい機能や付加価値により、お客様のニーズに応えた製品作りをご提案いたします。





メタモカラーを活用しよう


metamo_top_introduction_01-2.jpgさまざまな活用例を紹介します


metamo_top_applications-2_01-2.jpg
人と環境のために活用しよう ●温度検知カード ●マスク通気アタッチメントBT
metamo_top_applications-2_02.jpg
情報保護に活用しよう ●個人情報保護ラベル ●簡易真贋判定
metamo_top_applications-2_03-2.jpg
新しい価値つくりに活用しよう ●3Dプリンタ造形 ●ゲル成形 ●縫製加工



metamo_top_introduction_02-3.jpg変色タイプ別にその変色の仕方について紹介します



温度検知カード

設備や温度管理したい部分に設置するだけでその環境温度がわかります。

設定した温度以下又は温度以上になっていることを簡単に確認できます。

「メモリータイプ」により設定した温度以下又は温度以上になったことの履歴確認ができます。(メモリータイプ

見た目で室内の温度が簡単にわかるため、冷暖房の使用にあわせてSDGsなど環境保全活動のツールとして活用できます。

デジタル温度計との併用により、温度管理システムとしての投資費用を抑えることができます。

ラベルにすると設備、配管、点検窓、部品、ガラス、媒体(加熱、冷却、保温、蓄熱)など温度管理したい部分に貼って使用できます。

配送バッグ、宅配バッグ、輸送ボックスでの温度管理に使用できます。

通信施設、倉庫(医薬品、食品)、介護施設、オフィスに使用できます。

電源を必要としないため電源のない場所や停電しても温度を検知して運用することができます。

マスク通気アタッチメントBT(動画)

マスク内の温度に反応して変色するため、見守る周囲の方や装着者同士で確認することで体温測定を勧めるサインとして使用できます。

常にマスクを装着している高齢者や介護施設、塾や学校など高齢者や児童・子供の見守りに活用できます。

個人情報保護ラベル(動画)

郵便はがき、返信はがき、往復はがき、ポストカード、等に手書きした個人情報や社員証、身分証明書、会員カード、ICカードなどの表面にある個人情報の上に貼って、通常は情報を隠し必要に応じて温めて情報をみることができます。

3Dプリンター造形

樹脂に分散したペレットにより様々な成形品ができます。

3Dプリンター用フィラメントに加工することで、温度で色が変わる部品やフィギュアなどのホビー商品を製作できます。

ゲル成形(動画)

接触した部分だけが変色する為、加熱や冷却機器の動作確認や保守用、デモ用に使用できます。

縫製加工(動画)

温度で色が変わるナイロン生地により、カメレオンのような色変わりする商品を製作できます。(動画をご覧ください)

気軽に色変わりを楽しめる新しい意匠やファッションの企画にご提案いたします。

※「メタモカラー®」は株式会社パイロットコーポレーション・パイロットインキ株式会社の登録商標です。

メタモカラーお知らせ

一覧を見る
  1. 2022.01.06

    新たに温度変化で色が変わるメタモカラーを掲載しました。