パイロットのビジョン ― 社長メッセージ ―

パイロットが目指すもの

pilot-755_5.jpg

“「書く」を支える”ことで、日々を豊かに。

 1918年という日本がまだ発展途上であった当時、船乗りであった創業者が「日本から世界に誇れるものをつくりたい。」との思いから、初の純国産万年筆の製造・販売をしたことが当社のはじまりです。それから100年以上、「書く」という文化の一端を担い続けてきました。いまでは総合筆記具メーカーとしてボールペンなどの筆記具を、主に日本で開発・製造し、190以上の国と地域で販売しています。またそれらの技術を応用し、宝飾・産業資材などの事業も展開しています。

 「書く」という行為は、思考や創造など、人間らしい文化と深く関わっています。私たちパイロットは、ドクターグリップやフリクションなど、既存の概念に捉われない商品を開発することで、それぞれの時代にあった「書く」を支え、ひいては人々の“考えること”“創り出すこと”への手伝いをしてきました。

 近年は少子化に伴う国内市場の縮小や、世界的に進むデジタル化など、筆記具を取り巻く環境は大きく変化し続けています。デジタル化された社会と共存する「書く」ことの価値とは何かを考えながら、より一層将来への視点や顧客視点に立ったモノづくりが必要と言えます。また商品はもちろん、「書く」楽しさを感じられるような体験・サービスも提供し、日々を豊かにしていきたいと考えています。

 新型コロナウイルスの影響もあり、人々の生活スタイルや考え方、働き方・学び方はさらに大きく変化しようとしています。創業以来の普遍的価値である社是と、培われてきた技術力を礎にして、常にお客様と向き合い、最高の満足を提供できるよう、新しい発想・斬新なアイデアを取り入れながら進化しつづけていきます。そんな仲間の一員として、あなたが活躍してくれることを心より期待しています。

代表取締役社長伊藤 秀